スポンサーサイト

-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 page top↑

ダンサー・イン・ザ・ダーク

2006 / 02 / 09 ( Thu )
ダンサー・イン・ザ・ダーク (DANCER IN THE DARK) 140分

ダンサー・イン・ザ・ダーク
●あらすじ
 舞台は60年代のアメリカ。チェコからの移民のセルマは、女手ひとつで息子を育てながら工場で働いています。ですが、彼女は遺伝性の視力が失われる病気にかかっており、息子も手術を受けない限り同じようになってしまうのです。

 そのために、内職もして手術費用を貯えていたのですが、ある日工場を解雇されてしまい、貯めていたお金まで盗まれていました……。



●感想
難しいですが、多分、この映画は好きな人と嫌いな人に分かれると思います。
正直に申し上げると、私はダメでした。(´Д`)

ミュージカル映画は結構好きなジャンルではありますが、
これは何度も見たいと思う映画ではないです。
確かに色の使い方とか結構こだわっているなーと思うし、話題にもなりました。
でも内容は本当に本当に重いです。
私は普段、ハッピーエンディングや後味スッキリの映画ばかり見ているので、
この映画が終わった後は、深ーいため息が出ました。

どんどん物事が主人公の悪い方向に進み、本当に何の救いもありません。
主人公がどんなに一生懸命頑張っても、不幸な運命は変えられないのでしょうか。
唯一最後に1つだけ、救われたものはあります。
うーん、でも主人公はこれで幸せだったのかな。

⇒続きを読みますか?
スポンサーサイト
映画 | 16 : 35 : 22 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

バルカン超特急

2006 / 02 / 06 ( Mon )
バルカン超特急(THE LADY VANISHES)
バルカン超特急
1938年公開の白黒映画です。ジャンルはサスペンスでしょうか。


あらすじは、
主人公の女性が電車で相席になった、ミスフロイという女性が、忽然と消え(というか、別の女性になっているのですが、)他の乗客に尋ねるも、誰もその婦人の存在を知らないと言います。
頭が変なのではないか?と誰にも信じてもらえないのですが、ある青年が力をかしてくれて、婦人の行方を捜します。


1938年公開、すごい古い映画ですが、内容はなかなかで、かなりの名作です。
時間も1時間半ちょいなのでちょうどいい!!
ヒッチコックの作品の中でも、かなり面白い方に入ると思います!!!


原題はThe Lady Vanishes、婦人が消えた、というものなのですが、
(この邦題、シベリア○特急みたいでなんか嫌なんですけどね~^^;)
密室の蒸気機関車の中で、婦人がどう消えたかというのがポイントなのです。

⇒続きを読みますか?
映画 | 22 : 55 : 35 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

知りすぎていた男

2006 / 02 / 05 ( Sun )
知りすぎていた男 ヒッチコックの監督の作品。
 1943年の「暗殺者の家」のリメイクです。

 あらすじは、
モロッコに旅行している家族が、あるフランス人と知り合うのですが、
そのフランス人が目の前で殺害されてしまい、
その人が死ぬ間際に、暗殺計画を伝えるように託されてしまい、
口封じのために息子が誘拐されてしまいます。
夫婦は息子を捜してロンドンへ…。
クライマックスはロンドンのアルバートホールです。


登場人物が限定されているので犯人はすぐ分かってしまいます。

あと、妻のベンがロンドンで売れてた歌手という設定で、
ロンドンに息子を捜しに降りた途端、何も知らない友人が訪ねてきてイライラしました。

潜伏先をつかむものの(これは結構すぐ分かってしまいました)、
あと一歩で逃げられてしまったり、ハラハラというかイライラというか^^;

最後のアルバートホールのシーンは結構ドキドキ。
カンタータに夢中で暗殺者に誰も気づいてる人はいない、
どうやってこの危機を脱するのか!?と思って見ていました。


最後の最後で使われている、ケセラセラ。
今も何かのCMで使われていますよね、
♪Que Sera,Sera~, Whatever will be, will be~ のあれです。
この映画で使われた曲だったの知りませんでした。


おもしろかったですけど、2時間見ていて、結構疲れました。
あとは、エンディングがこれまたあっさり!!と思います。


リメイク前の方がストーリーが面白いという話もよく聞くので、
早く見てみたいなぁーと思います。


The Man Who Knew Too Much
監督:アルフレッド・ヒッチコック
主演:ジェームズ・スチュワート、ドリス・デイ、
   ラルフ・トルーマン、ダニエル・ジェラン
1959年アメリカ制作
映画 | 17 : 32 : 05 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

ムーラン・ルージュ

2006 / 01 / 23 ( Mon )
ムーラン・ルージュ
2001年に公開されたミュージカル映画です。


ストーリーはかなり単純なものです。

高級娼婦のサティーン(ニコール・キッドマン)が、
貧乏作家とパトロンを間違えたことがきっかけで、恋に落ちてしまい…

というようなストーリー。

もちろんその恋は秘密の恋なわけで山あり谷ありですし、
主人公は病気で結構悪そうですし…、と結構予想がつくストーリーになっています。

何よりもですね、最初、貧乏作家のクリスチャン(ユアン・マクレガー)が
1年前を回想するシーンから始まるのですが、
そこで 激しくネタバレ!!!
話の結末を言ってしまっています。


つまらないと思いきや、私は結構好きです。


⇒続きを読みますか?
映画 | 17 : 20 : 44 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

ドリームキャッチャー

2005 / 11 / 09 ( Wed )
ドリームキャッチャー(DREAMCATCHER)
ドリームキャッチャー

あらすじ
小さな町に住む4人の少年は、いじめられているダディッツという少年を助けたことで、不思議な超能力を得ます。
20年後、4人は森の小屋で毎年のように再開を果たすのですが、
不思議なことが起こり始めます…。


感想、書きますね…。

どうせ自分のブログなんだし、この際ハッキリ言います。
私、これ、苦手です!!!!

映画サイト見るとサスペンス・ホラーというジャンルになっていますが、
違 う で し ょ !!!!(`Д´)ノ コラー


まず、スティーブン・キング原作だし、
予告編見て面白そうだな~と思って見たんですけどねぇ~。ハァー。

超能力をもった4人、森の動物達に異変が……。
前半ここら辺まではすごくよかったのですよ。


B U T 
途中で、物語の核心をつくある物が登場するのですが、
これは予告編でも全然出てこなかったものですし、
サイトのあらすじ見ても書いていなかった物。

いつもネタバレしないように心がけていますが、
被害者を増やさないためにもネタバレしたくてうずうずしています。


⇒続きを読みますか?
映画 | 01 : 22 : 07 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑

めぐりあう時間たち

2005 / 11 / 03 ( Thu )
めぐりあう時間たち

1923年のイギリス、リッチモンドのヴァージニア・ウルフ(ニコール・キッドマン)、
1951年のロサンゼルスのローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)、
2001年のニューヨークのクラリッサ・ヴォーン(メリル・ストリープ)

この3人が、『ダロウェイ婦人』 の本でつながっていくストーリー。

とは言っても、年代ごとにきっちり分かれてるわけではなくて、
3つのストーリーが混ざって進んでいきます。


ニコール・キッドマンのオスカー受賞とつけ鼻で話題になったんですが、

出だしがほとんど音楽だけで進んで、何か起こりそうな感じがします。
、と思ったら、いきなり 暗ーい 出だし(´д`)。

でも 暗い後味悪い っていうのは予想していたので、
思っていたよりも全然平気でしたよ。私が単に鈍感なだけかな??

⇒続きを読みますか?
映画 | 22 : 31 : 03 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。